IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 プロジェクト 教員

アート体験プログラム「つくる人、すむ人、みる人でつくるコミュニティ・アーカイブ」〈坂倉準三篇〉

坂倉準三:羽島市庁舎(1959年)画像提供:国立近現代建築資料館

 

清流の国ぎふ芸術祭「アート体験プログラム-アートラボぎふ-」「つくる人、すむ人、みる人でつくるコミュニティ・アーカイブ」〈坂倉準三篇〉を開催します。

このプログラムは、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]が主催となり、最も身近なアートである「建築」を対象に、設計者の考えを知り、建物で日々を過ごす人、周辺に暮らす人々とのコミュニケーションを通じて、空間を体験し、その記憶を編集します。
今回のテーマは、羽島市出身の建築家・坂倉準三(1901-1969年)の建築と都市計画です。見学ツアーは、2018年11月9日(金)に実施し、後日、コミュニティ・アーカイブを制作します。IAMASの学術的なネットワークと、参加者の多様な視点に基づく、記憶の資料化を体験しましょう(見学ツアーだけの参加も可能です)。見学ツアーへの参加をご希望の方はWEBサイトの参加申し込みフォームよりお申し込みください。

※このプログラムは、岐阜県内に居住または勤務されている方を対象としています。

見学ツアー

2018年11月9日 10:00 ~ 17:00

講師

松隈 洋(建築史家/京都工芸繊維大学)
伊村 靖子(芸術学/情報科学芸術大学院大学[IAMAS])

募集人数

20人(岐阜県内に居住または勤務されている方)

費用

無料(昼食代は自己負担)

申込み方法

見学ツアーへの参加をご希望の方はWEBサイトの参加申し込みフォームよりお申し込みください。

主催

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]

協力

羽島市

企画・お問い合わせ

IAMASメディア表現学研究プロジェクト
Mail: ma@iamas.ac.jp(担当: 松井 茂)

WEB制作

深尾望(情報科学芸術大学院大学 修士1年)

関連人物

IAMASからのお知らせ