IAMAS

メディア表現基礎3(思索・講義)

プロジェクト科目と特別研究科目で行う実践的かつ専門的研究・制作に対応し、高度なメディア表現に必要な知識や技能を身に付けるための9つの特論科目について、その概要を紹介するとともに、特徴的な内容を実践に即した講義として開講し、その意義を対談や質疑応答によって明らかにします。特論科目は、芸術、情報社会、デザインと情報、身体、メディアの3×3のマトリックスとして構成され、実際の講義は後期に開催されます。

講義形態

講義・議論

講義計画・項目

第1回 芸術特論の構成紹介
第2回 芸術特論Aの導入講義 
第3回 芸術特論Bの導入講義 
第4回 芸術特論Cの導入講義 
第5回 芸術特論の議論と質疑応答
第6回 情報社会特論の構成紹介 
第7回 情報社会特論Aの導入講義
第8回 情報社会特論Bの導入講義
第9回 情報社会特論Cの導入講義
第10回 情報社会特論に関するディスカッション
第11回 デザイン特論の構成紹介
第12回 デザイン特論Aの導入講義
第13回 デザイン特論Bの導入講義  
第14回 デザイン特論Cの導入講義 
第15回 デザイン特論で扱うトピックに関するディスカッション 

教科書・参考書等

参考書等は必要に応じて講義中に紹介する。

IAMASからのお知らせ