IAMAS

ホアン・マヌエル・カストロ 写真 准教授

ホアン・マヌエル・カストロ

化学、合成生物学、ナノテクノロジー、宇宙生物学などの分野を交差させて、制作活動を展開。生命らしい特性を備えた物質システムを開発し、生命の起源と未来をテーマにハイブリッド・インスタレーション作品を発表。2008年より日本国内外の美術館や、アート & サイエンス・フェスティバルで作品発表、また様々な学会で活動中。

研究分野

  • メディア・アート
  • バイオアート
  • ハイブリッドアート
  • アクティブマター
  • 自己集合

学位

  • 博士 (芸術学) (多摩美術大学)

学歴

1996年04月 - 2001年04月
ハベリアナ大学 ソーシャル・コミュニケーション学科 映像コース
2006年04月 - 2008年03月
多摩美術大学大学院 美術研究科(博士前期課程) 情報芸術コース
2008年04月 - 2011年03月
多摩美術大学大学院 美術研究科(博士後期課程)

経歴

2011年04月 - 2013年06月
早稲田大学先端生命医科学研究施設 日本学術振興会外国人特別研究員
2014年02月 - 2014年07月
エクス ・ マルセイユ大学 Mediterranean Institute for Advanced Research 研究員
2018年09月 - 2018年12月
京都大学大学院総合生存学館 特定研究員
2014年09月 - 2019年03月
東京大学大学院総合文化研究科 学術研究員

論文

2013年
「Human-Cyanobacteria Interaction: an Interkingdom Communication System Centered on the Stimulation, Analysis and Interpretation of Physiological Processes at the Cellular and Animal Level」
『Re-new 2013 Conference Proceeding』
2014年
「Heliotropika: Interfacing Between Humans and Cyanobacteria」
ホアン・マヌエル・カストロ、岩崎秀雄
『International Journal of Arts and Technology』
2017年
「Locomotion and Transformation of Underwater Micrometer-Sized Molecular Aggregates Under Chemical Stimuli」
豊田太郎、ホアン・マヌエル・カストロ、今井正幸
『Journal of the Physical Society of Japan』
2019年
「Budding and Division of Giant Vesicles Linked to Phospholipid Production」
ホアン・マヌエル・カストロ、杉山博紀、豊田太郎
『Scientific Reports』

書籍等出版物

2006年
『La imagen japonesa』
Pontificia Universidad Javeriana
2015年
『Fat as Soft Architecture: The Spontaneous Transformation of Lipids into Organic Microstructures with Predefined Biophysical Properties』
ホアン・マヌエル・カストロ、豊田太郎、岩崎秀雄
Springer Japan
2015年
『Re-Imagining the Biological Membrane』
World Scientific

競争的資金等の研究課題

2016年 - 2018年
Study on wet a-life art in the context of living technology
日本学術振興会 科学研究費 若手研究(B)
代表者: ホアン・マヌエル・カストロ
2018年 -
Investigation on wetware art in the post-digital age
日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(C)
代表者: ホアン・マヌエル・カストロ

主な展覧会・活動

2009年
(Un)Cyborgable. Amber’09 (Abud Efendi Mansion イスタンブール)
2011年
Collateral affections. MX04 (Centro Nacional de las Artes メキシコ)
2012年
Adaptation (INQB8 Gallery マンジュラ)
2012年
ScienceArt (Central House of Artists モスクワ)
2012年
Update_4 (Zebrastrat ゲント)
2013年
BIOART.JP バイオメディア・アート展 (3331 Arts Chiyoda)
2013年
生命美学オープンラボ (NTTインターコミュニケーション・センター [ICC])
2013年
ArtsIT 2013 (HangarBicocca ミラノ)
2013年
eCONSCIOUSNESS (Central House of Artists  モスクワ)
2014年
Rhizope (Estonian Museum of Applied Art and Design タリン)
2015年
Home/Sick (Science Gallery ダブリン)
2015年
A matter of softness (Esther Klein Gallery フィラデルフィア)
2017年
アート+ウェットな人工生命 国際ワークショップ (多摩美術大学)
2017年
Expanding the evolutionary potential of minimal living systems 国際ワークショップ (東京大学)
2018年
プロトセル[分裂編]-生命らしい技術のお話とその未来- (福岡市科学館)

IAMASからのお知らせ