IAMAS

活動告知

展示 パフォーマンス・上演 プロジェクト 卒業生

アートまるケット「ツナがり ツナがる ツナがれば」

8月25日(金)から11月3日(金・祝)岐阜県美術館にて、日比野克彦氏のディレクションによる「アートまるケット」が開催されます。3年目となる今年は「ツナがり ツナがる ツナがれば」と題した、ソーシャルインクルージョンをテーマとした展示が実施されます。岐阜県美術館と岐阜県立の3つのアカデミー(国際園芸アカデミー、国際たくみアカデミー、森林文化アカデミー)と本学が、つながりのある福祉系機関と協働して庭園・館内で展示やワークショップ、パフォーマンスを行います。

このイベントに、山田晃嗣准教授、小林孝浩教授、卒業生の篠田幸雄さんを中心とした「福祉の技術プロジェクト」がこれまで関係してきた学校等と、パフォーマンス、バンド演奏、カフェ出店、そしてスタンプラリーを行います。

アートまるケット「ツナがり ツナがる ツナがれば」 開催趣旨より
第3回のアートまるケットは、「ツナがり」がテーマ。
美術館の庭園で行った第1回の「森」と第2回の「川」が「ツナがり」ます。これまでの県内のアカデミー等の協力を引き継ぎながら、美術館の外の施設・団体、と「ツナがり」ます。
障がいなどのハンディキャップのあるなしにかかわらず、すべての人が「ツナがり」ます。
アートを囲んだ新たな体験を通して、美術館に訪れる人同士が「ツナがり」ます。
人と人とを隔てる何かに気づき、異なる環境や思いを持つ人々が「ツナがる」ことを感じ、深めていきます。
そして美術館に、人々の心の中に互いの時間を共有する場「ツナがれば」を創出していきます。
美術館の庭には三角のシェードセイルがツナがって夏の日差しを和らげて、人のツナがる場が登場します。

会期

2017年8月25日 - 2017年11月3日

会場

岐阜県美術館内

大垣特別支援学校

「ツナぐ・ツナがるスタンプラリー」
会期:2017年8月25日〜11月3日
場所:岐阜県美術館 館内または庭園(4ヶ所)
内容:大垣特別支援学校の卒業生が描いたスケッチを元に本学の学生が台紙とのぼりをデザインしました。また、大垣特別支援学校の在校生と本学とでスタンプを制作しています。

岐阜本巣特別支援学校

「cafe 和 -なごみ- 県美branch」
日時:2017年10月6日(金)10:00~14:00(なくなり次第終了)
場所:岐阜県美術館 庭園(雨天時は館内)
内容:岐阜本巣特別支援学校の生徒たちが普段実践しているアプリを使ったカフェを岐阜県美術館に出店します。
協力:スマートフォン・タブレット端末の福祉分野での活用研究会

岐阜盲学校

「THE STARLIGHT CLUB BAND」演奏
日時:11月2日(木)15:00~15:20
場所: 岐阜県美術館 多目的ホール
内容:岐阜盲学校高等部普通科のメンバーによるバンド演奏です。

ふれ愛の家

パフォーマンス「やさい de ミュージック?」
日時:2017年11月3日(金・祝日)
場所:岐阜県美術館 庭園(雨天時は館内)
内容:池田町にあるふれ愛の家メンバーによる自由奔放なパフォーマンスです。

関連プロジェクト