IAMAS

活動告知

展示 パフォーマンス・上演 プロジェクト 在校生 卒業生 教員

養老アート・ピクニック

11月3日・4日の2日間、養老公園(岐阜県養老町)にて、養老アート・ピクニックが昨年に引き続き開催されます。
世界に類をみない型破りなアート作品「養老天命反転地」と美しい自然のアート「養老の滝」で知られる養老公園を会場として、メディアアート、身体表現、絵本など多様なジャンルのアーティストが体験型のアートプロジェクトを展開し、大人たちも子どもたちも公園を散策しながら気軽にアートを楽しめるピクニック型のイベントとなっています。
このイベントの総合ディレクターを本学の赤松正行教授が務め、企画運営と作品制作に本学の教員、学生、卒業生が多数参加しています。

昨年に引き続き、今年も養老アート・ピクニックが開催される。テーマは「冒険のはじまり」。前回の気づきから、今回は動き出すことを意図している。会場は同じ養老公園で、点在するブースを歩き回って楽しめるようになっている。養老天命反転地のフィールドを丸ごとAR化する作品から、養老の滝から流れる川辺でのテント・サウナまで、多彩なプログラムを展開してお待ちしています。

criticalcycling.com/2018/10/yoro-art-picnic-2018より引用

会期

2018年11月3日 10:00 ~ 20:00

2018年11月4日 10:00 ~ 16:00

会場

養老公園一体(芝生広場、養老天命反転地 他) (〒503-1267 岐阜県養老郡養老町高林1298−2)
http://yoro-arts.com/#access

参加費

無料

WEBサイト
関連プロジェクト

IAMASからのお知らせ