IAMAS

IAMASからのお知らせ

イベント

岐阜おおがきビエンナーレ2019

2019年12月5日(木)から8日(日)の4日間、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]にて、岐阜おおがきビエンナーレ2019を開催します。「メディア技術がもたらす公共圏」と題し、会期中にシンポジウムや関連展示を行います。皆様のご来場こころよりお待ちしています。

今新しい表現はどこから生まれてくるのでしょうか。情報化社会が進むにつれて、あらゆるものの創作や流通のプロセスが変化しています。個人が情報化され、多層なネットワークが発達する中で、それらを再結合する力が求められているのです。

岐阜おおがきビエンナーレ2019では、このような問題意識から、公共圏としての制作環境に注目します。ここで言う公共圏とは、誰もがアクセスしうると同時に、複数の価値や意見の〈間〉に生成し、人々の間に生起する出来事への関心にもとづく、差異を前提とする空間でもあります。メディア技術によって、つくり手と受け手の関係がどのように変化しうるのかを問うことが、制作環境に注目する理由です。

具体的には、機械との協働によりアーティストの創造的行為をアーカイブし、次の創作への活用モデルを示すこと、設計者、制作者、使用者による協働的デザイン環境の提案を中心に、制作環境の現在形を考えます。シンポジウムと関連作品、資料展示を通じて制作環境を開示することにより、メディア表現を批評的にとらえるための場=公共圏とみなします。

岐阜おおがきビエンナーレ2019 開催趣旨より

会期

2019年12月5日 - 2019年12月8日 11:00 ~ 19:00 (6、7日は20時まで)

会場

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]ギャラリー2、ホールA、情報科学芸術大学院大学附属図書館 (岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地)

IAMASからのお知らせ