RCIC
Research Center for Industrial Culture 情報科学芸術大学院大学 産業文化研究センター

ACTIVITIES 事例

2015年度 活動事例

IAMASが2014年にソフトピア地区に移転してから2年になります。地元企業や自治体、地 元商店街、公共施設など多くの皆様から連携の相談をいただき、おかげさまで昨年を上回 る件数の連携事業をここにご報告することができました。IAMAS Annual Reports 2015では、 多種多様な連携プロジェクトについて報告させて頂いていますが、改めて振返ってみると、 2015年度は主に3つの特徴があります。 まず、地方創生元年と呼ばれた2015年、政府が施策として掲げた「地方創生」につらな るプロジェクトが各地の自治体や地元企業で実施されました。本学の産業文化研究センター でも地域活性や地域ブランド化など、地方創生に関する相談が多くあり、一体となって各種 プロジェクトに取組んだことです。具体的な地域課題や政策に、IAMASがただ応えるという のでなく、連携パートナーが求める以上の新しい価値や創造といったものをどのように実現で きるのかが、IAMASに問われたと感じます。 次に、岐阜県美術館、岐阜サラマンカホール、大垣スイトピアセンターなど、県内の文化 施設との恊働事業が増えたことがあげられます。展示企画や制作協力、施設の広報支援な ど、連携内容は多岐に亘りますが、これまでの連携パートナーとは異なる新たな地域連携先 の皆様にIAMASの先進的な表現手法を知っていただき、これらに関心をもっていただく機 会を創出することができました。同時に、IAMASの教員や学生も地域の文化施設を活用し、 独創的な表現を地域に問いかけることに積極的になりました。 最後に、これまでの連携成果をベースにした新しい連携のあり方が見えるようになったこと が、何よりも重要な点としてあげられます。単発で終わってしまうイベントや事業が多い中、 IAMASが地域の皆様との対話を大切にしながら継続的に実施するプロジェクトに対し、地域 の中に新しい価値を期待するとの声が多く寄せられました。その延長線上に、息の長い連携 を視野に入れた取り組みをどう切り開くかについての議論がIAMAS内で萌芽としてみられた ことは何よりの成果だと考えます。メディアアートを楽しむ地域の皆様、新しいローカル鉄道 の活用に期待する地域内外の皆様、新しいテクノロジーやデザインを投入するローカルフェスティ バルに期待する地域の皆様など、IAMASが取り組んできた、これまでの連携プロジェクトの 成果を評価していただき、長期的連携を視野に入れたIAMASとの連携プロジェクト事業提 案を新たにいただきました。 これまでの成長経済から定常経済への変革が求められる現代の社会において、産業の在 り方や文化的価値の創造への問いかけは、政府や大企業だけでなく、むしろ地元商店街や 地域コミュニティから強くあがっています。グローバル社会進展の中で取り組むべき喫緊の課 題に直面する世界でIAMASができること、果たすべきことは何かを常に自問しながら、これ からも地道に、大胆に取り組んで参ります。今後とも関係各位の皆様のご支援とご協力をい ただきますよう、よろしくお願いいたします。