IAMAS

メディア表現特別研究Ⅱ

 研究計画に基づき論文・制作に関する研究を進めながら「中間審査発表会」へ向けて、研究成果を取りまとめる。前期、その取りまとめに当たっては、指導教員らと研究・制作のテーマ、内容、実践手法等について定期的に報告・相談を行うとともに、1年次の「プロジェクト研究Ⅰ」と、2年次に並行して取り組む「プロジェクト研究Ⅱ」の経験と成果を反映させるため、必要に応じて「プロジェクト研究Ⅰ」および「プロジェクト研究Ⅱ」の担当教員と協議し行う。

その後は、年度末に開催する「中間審査発表会」へ向けて、研究成果としての中間発表を行い、さらに研究を深化させる。「中間審査発表会」での課題指摘や助言を踏まえて研究の改善を進め、博士課程最終学年である3年次への準備を整える。なお、主指導教員は、博士論文提出資格をクリアするための論文の掲載、作品の出品等に留意した指導を行う。

講義形態

オンライン

講義計画・項目

第1回~第14回博士論文の個別指導、定期的に進捗報告

第15回中間審査発表会

指導教員の研究テーマは『メディア表現特別研究Ⅰ』を参照のこと。

教科書・参考書等

指導に際して必要となる参考書・参考資料は適宜紹介する。

IAMASからのお知らせ