IAMAS

小林 昌廣 写真 教授

小林 昌廣

1959年東京生まれ。医学と哲学と芸術を三つの頂点とする三角形の中心に「身体」をすえて、独特の身体論を展開。医学史・医療人類学から見た身体、古典芸能(歌舞伎、文楽、能楽、落語)から見た身体、そして現代思想とくに表象文化論から見た身体などについて横断的に考察している。各地で歌舞伎や落語に関する市民講座や公開講座などを行なっている。

メールアドレス

masahiro@iamas.ac.jp

研究分野

  • 表象文化論

学歴

- 1992年03月
大阪大学大学院 医学研究科博士課程

経歴

- 2004年03月
京都造形芸術大学 教授

所属学協会

  • 歌舞伎学会
  • 舞踊学会
  • 比較舞踊学会
  • 保健医療行動科学会
  • 藝能史研究會
  • 日本記号学会

論文

1998年
ルイーズ・ブルジョワ~反対の一致
1998年
一箇の零点なり~未来の鴎外の医学
2001年
“癒し” としての自己表現
2002年
『他人の顔』論~疚しさの超克
2004年
『砂の女』論~存在の不在証明
2007年
闘病記の文法
2009年
身体の生理・思考の生理~太田省吾論
2010年
『医学の弁明』、の弁明
2015年
現代に見巧者は生存可能か?

書籍等出版物

1987年
医療人類学
リブロポート
1989年
〈病い〉の視座
メディカ出版
1993年
病い論の現在形
青弓社
1995年
「医の知」の対話
人文書院
1999年
臨床する芸術学
昭和堂
2012年
現代社会学事典
弘文堂
2015年
社会学理論応用事典
丸善出版株式会社

活動

1998年
芸術生理学の可能性 (美学会全国大会)
2004年
身体の比較~古典から未来へ (歌舞伎学会)
2005年
井上八千代~京舞の夕べ (京都芸術劇場)
2014年
京都芸術センター運営委員会副委員長
2016年
やわらかなかぐら 脚色担当 (京都芸術センター主催)

活動報告