クワクボリョウタ

准教授
E-mail:
ryota@iamas.ac.jp

98年に明和電機との共作「ビットマン」を制作し、エレクトロニクスを使用した作品制作活動を開始。以来「デバイス・アート」とも呼ばれる独自のスタイルを生み出した。2010年発表のインスタレーション「10番目の感傷(点・線・面)」以降は、光と影によって観る人自身が内面で体験を紡ぎ出すような作品に着手している。その他の代表作に「ビデオバルブ」、「PLX」や「ニコダマ」などがある。

所属プロジェクト : Affiliated Projects

研究分野Research Areas

メディアアート
Research Keywords研究キーワード
-->

学歴Education


Fatal error: Call to undefined function qtrans_getLanguage() in /home/httpd/iamasweb/public_html/wordpress/wp-content/themes/14aa45NoqT/single-people.php on line 219