クワクボリョウタ

准教授
E-mail:
ryota@iamas.ac.jp

98年に明和電機との共作「ビットマン」を制作し、エレクトロニクスを使用した作品制作活動を開始。以来「デバイス・アート」とも呼ばれる独自のスタイルを生み出した。2010年発表のインスタレーション「10番目の感傷(点・線・面)」以降は、光と影によって観る人自身が内面で体験を紡ぎ出すような作品に着手している。その他の代表作に「ビデオバルブ」、「PLX」や「ニコダマ」などがある。

研究分野

メディアアート

学歴

1993年03月 筑波大学  芸術専門学群  構成専攻総合造形コース
1996年03月 筑波大学大学院修士課程  芸術研究科  総合造形
2001年03月 国際情報科学アカテミー (IAMAS)   アート & ラボ科

経歴

2000年04月 - 2001年03月 東京芸術大学先端芸術表現科  特別講師
2003年04月 - 2004年03月 武蔵野美術大学映像学科  特別講師
2004年04月 - 2006年03月 武蔵野美術大学映像学科  非常勤講師
2003年04月 - 2005年03月 東京造形大学メディアデザイン専攻  非常勤講師
2003年04月 - 多摩美術大学情報デザイン学科  非常勤講師
2004年04月 - 2013年03月 情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科  非常勤講師

近年のおもな展覧会

2000年 TECH.POP.JAPAN  ロッテルダム国際映画祭
2001年 メッセージ / ことばの扉を開く  せんだいメディアテーク
2001年 Buzz Club  P.S.1 MoMA, NY
2001年 信用ゲーム  NTT ICC
2002年 映像体験ミュージアム  東京都写真美術館
2002年 設計+  台北當代藝術館
2003年 サイバーアジア  広島市現代美術館
2003年 時間旅行展  日本科学未来館
2003年 東京ガジェット  パナソニックセンター
2004年 六本木クロッシング  森美術館
2004年 リアクティビティ  NTT ICC
2005年 R/V  山口情報芸術センター
2005年 Rock The Future  FACT, Liverpool
2005年 Studies for the Consumption *  Galerie Lucy Mackintosh, Lausanne
2005年 アート & テクノロシーの過去と未来  NTT ICC
2006年 Slowlife  John Hansard Gallery, Southampton
2007年 メディア・エクスプローラ 2007  スキップシティ
2009年 Coded Cultures  Museum Quartier, Vienna
2009年 微笑みトランジスタ  日本科学未来館
2010年 1. 落ちる水、2. 照明用カス、を与えてみた  AD&A ギャラリー
2010年 オープンスペース 2010  NTT ICC
2011年 文化庁メディア芸術祭  国立新美術館
2011年 Robotinity What Machines Dream Of  Ars Electronica Center, Linz
2011年 European Media Art Festival 2011   
2011年 六甲ミーツアート  六甲高山植物園
2011年 世界制作の方法  国立国際美術館
2012年 EXIT Festival  Maison des Arts Créteil
2015年 - 2012年 Playtime  Maison d’ Ailleurs, Yverdon
2012年 Impuls und Bewegung  Volkswagen AG, Berlin
2012年 越後妻有アートトリエンナーレ  キナーレ、十日町
2012年 ひかり・くうかん じっけんしつ *  NTT ICC
2012年 Mediacity Seoul  ソウル市美術館
2012年 始発電車を待ちなから  東京ステーションギャラリー
2013年 デザインあ展 *  21_21 DESIGN SIGHT
  *はPerfektron名義。それ以外はクワクボリョウタ名義での発表   

近年のおもな研究プロジェクト

2005年 - 2009年 独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 (CREST)  デバイスアートにおける表現系科学技術の創成

活動報告