IAMAS

メディア表現基礎2(制作・展示)

この授業では、映像インスタレーション作品を制作するグループワークを通して、メディア技術と表現がどのように結びついているのかを考えます。具体的には、グループごとに過去作品に使われているプロジェクションの方法と表現としての意味について議論し、その関係性を使って新作を構想し、制作を行います。数多くの実践に携わる講師の指導のもと、展示空間のとらえ方、設営に関する技法や技術的側面など、多角的な観点からメディア表現の基礎となる技術と知識を集中的に学びます。授業の最終では、展示作品に関するプレゼンテーション及び講評会を開き、作品を観る視点を養い、様々なフィードバックを得る機会を設けます。

講義形態

演習

講義計画・項目

1日目 (1コマ)導入、講義
    (2-4コマ)プロジェクター設置演習
2日目 (5-6コマ)作品プランニング、プラン発表
     (7-8コマ)作品試作、レビュー
3日目 (9-12コマ)作品制作、レビュー
4日目 (13-14コマ)作品制作
    (15コマ)発表、講評

IAMASからのお知らせ